【アスペクトを知る】水星と天王星からわかる性格は?

 

目次

水星と天王星のアスペクト

知性を表す「水星」と個性や変化を表す「天王星」のアスペクトです。

どのメジャーアスペクトでも、「水星」と「天王星」が結びつくと頭の良い人になると言われています。

「天王星」は革命の星でもあるので、「水星」の言語能力を活かして、社会に変化を与える人になるかもしれません。

 

 水星と天王星 0度(コンジャンクション)

2つの天体がホロスコープ上でぴったり重なる状態をコンジャンクション(合)と呼びます。

このアスペクトを持つ人は、聡明で頭の回転が速い人です。

「水星」が持つ知性に「天王星」の独創性が合わさり、独自のアイディアを生み出す能力に恵まれます。

天才のアスペクトと呼ばれる組み合わせです。

「天王星」から受けたひらめきをそのまま言葉に出来るので、誰も思いつかないような斬新なアイディアを発表して、周りを驚かせるかもしれません。

頭の回転も、会話のテンポも早いため、逆に何を言っているのか相手に理解されないこともあります。

相手が理解しないことや、知識に興味がないことに、時々イライラしてしまうかもしれません。

知りたいという気持ちがとても強いために、時間が足りない気がして神経質になってしまうこともありそうです。

時にはスローダウンにして、心の平穏を保つことに努めましょう。

 

 水星と天王星 120度(トライン)

水星と天王星のトラインも、コンジャンクションと同様に頭の良いアスペクトです。

先を読む力がありますし、客観的な視点を持っているので、周りから頼られる存在です。

頼られれば的確にアドバイスできるでしょう。

優れた直感力で、ルールに縛られない、革新的なアイディアを生み出します。

コンジャンクションはある特定の分野で力を発揮するアスペクトですが、水星と天王星のトラインは、さらに広い分野で能力を発揮出来ます。

ITや海外に関係あることに興味があるかもしれません。

目は常に未来を向いているので、世の中に新しい物を生み出す力を持っています。

 

 水星と天王星 90度(スクエア)

天体同士が90度の角度に位置すると、緊張感のある関係になります。

「天王星」の自立心が強調され、我が道を行く性格になります。

興味を持ったことに突っ走る傾向があるので、周りからは変わった人に見られている可能性もあるでしょう。

自分のやりたいことに集中するためにも、良好な人間関係をつくることは大切です。

それでも、人の評価を気にしないことが成功の鍵のようです。

自分が面白いと思った分野を、どんどん開拓していきましょう。

周囲からは理解されないような独特な発想力を持っているので、堅苦しい職場より、クリエイティブな環境に身を置いた方がこのアスペクトを活かせそうです。

このアスペクトを持つ人の考えはとても貴重ですから、相手が理解しやすいような話し方を心がけることで、能力を社会で活しやすくなるでしょう。

 

 水星と天王星 180度(オポジション)

天体同士が180度で向き合うように位置するオポジション。

オポジションは外に働きかけるアスペクトなので、「天王星」の奇抜さを「水星」がどんどん表現していくようなイメージです。

他の人が興味を持たないようなものが好きだったり、異文化や未知の世界に興味があるかもしれません。

そのため、独特な発想力を得意とします。

周りからは変わっていると思われるかもしれませんが、気にする必要はありません。

実際にこのアスペクトの人は、誰も思いつかないようなことをやってのけますし、簡単に新しい発見をしてしまいます。

だからこそ、与えられた特別な「ひらめき力」を活かして、どんどん行動しましょう。

思ったことを実現化する、企画力も実行力も備わっています。

自分のやりたいことを周りから反対されたとしても、なぜか上手くいくという確信があるはずです。

周りに合わせて、発言を抑えていると元気がなくなるので、個性をどんどんアピールしていくと良いでしょう。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次