【アスペクトを知る】月と木星からわかる性格は?

目次

月と木星のアスペクト

感情を表す「月」と拡大や発展を表す「木星」の組み合わせです。

「木星」は幸運の星といわれているため、ソフト/ハードアスペクトともに金運に恵まれるのが特徴です。

人気運の高いアスペクトといわれています。

 

 月と木星 0度(コンジャンクション・合)

2つの天体がホロスコープ上でぴったり重なる状態をコンジャンクション(合)と呼びます。

月に対して幸運の星「木星」が関わるので、運が良いアスペクトといわれています。

金運に恵まれる人も多いでしょう。

何事も「きっとうまくいく」というプラス思考で、運をどんどん引き寄せます。

このアスペクトの人と一緒にいると、周りの人も自然とポジティブな気持ちになれるでしょう。

また、具合が悪そうにしている人や、困った人をみつけたら、真っ先に駆けつけるような優しい性格です。

そのため周囲からの人望も厚く、たくさんの人から慕われているでしょう。

優しい性格でありながらも、善悪の判断がはっきりしていて、公平性にこだわります。

普段は柔らかい印象を与えていても、ここぞというときははっきりと主張出来そうです。

話したり、教えたりすることも得意なので、先生に向いているアスペクトでもあります。

「木星」は海外に関係ある天体ですから、国際交流に縁のある人も多いでしょう。

ご両親が国際結婚をされていたり、外国人の友達や恋人がいるかもしれません。

このアスペクトを持つ人は、違う文化や宗教を受け入れることにとても寛大です。

異なるバックグランドを持つ人と交流することで、自分の世界が広がると知っているからです。

「月」は女性を表すので(母親、先生、または友達など)特定の女性から大きく影響を受けそうです。

人生のターニングポイントに自身を成長させてくれる女性があらわれるでしょう。

 

 月と木星 120度(トライン)

月と木星が調和の取れた角度で結ばれています。

性格はポジティブで、たくさんの人から慕われる寛大な人です。

「人間は誰しも根本的には善い人」だと信じているので、誰とでも分け隔て無く接します。

困っている人をみつけたら、すぐに救いの手を差し伸べるでしょう。

自分に自信があるからこそ、惜しみなく人を助けることが出来ます。

その器の大きさに惹かれて、周りには自然と人が集まってくるでしょう。

金運に恵まれているので、裕福な暮らしをしている人が多そうです。

困った時は、支援してくれる人が不思議とどこかから表れるといった経験をよくするかもしれません。

「木星」は拡大の星なので、広い視野を持つほど才能を伸ばしていけます。

豊かな想像力を活かして、芸術の才能を伸ばしていくかもしれません。

また、木星は「出版」の星でもあるので、出版やメディアに関わる仕事に興味を持つ人もいるでしょう。

大きなイベントを主催したり、運営に携わったりするなど、規模の大きな仕事を得意とします。

 

 月と木星 90度(スクエア)

天体同士が90度の角度に位置すると、緊張感のある関係になります。

「月」は感情、そして「木星」は拡大を表すので、スクエアのアスペクトでは、感情の起伏の激しさを表します。

感情のコントロールがやや難しくなりやすいアスペクトです。

陽気な性格から人との交流を大事にする人です。

しかし、気が変わりやすい面があるので、一緒にいる人を振り回すことがあるかもしれません。

また、お金に関しても後先を考えずに使ってしまうことがあるので、気をつけたいところです。

そのときの感情にまかせて、大きなことを決断しないように注意しましょう。

月は内向性を表し、木星は外向性を表すため、ひとりでいたい気持ちと、外に向けて表現したい気持ちが目まぐるしく交差します。

若い頃は落ち着かない気分が続くかもしれませんが、次第に感情のコントロールのコツをみつけられるでしょう。

特に自分のやるべきことを見つけたときには、大きな力が出る人です。

そのために、感情に委ねない判断力を磨いていくでしょう。

また、このアスペクトを持つ人は特別な魅力があり、周りからも人気も高そうです。

天然なところも魅力的なので、ポジティブなオーラが周囲の人を癒やすでしょう。

 

 月と木星 180度(オポジション)

天体同士が180度で、向き合うように位置するアスペクトがオポジションです。

月と木星のオポジションでは、自分よりも他人を優先してしまう傾向があるようです。

ホロスコープ上にこのアスペクトがある人は、「人のために働く」ことに意義を感じます。

面倒見が良いため、誰かを手伝ったり、地域の活動やボランティアにも積極的に参加したりするかもしれません。

ただ、「社会にいる自分」を意識しすぎると、プライベートがおそろかになりがちです。

相手に喜んでもらいたい気持ちから、嫌な誘いを断れなかったり、安請け合いしてしまったりするかもしれません。

自分や家族との時間を守るためにも、仕事とプライベート、対人関係と自分の時間など、境界線を引いてみることも大切です。

自分を守ることを意識すれば、交友関係をさらに自由に楽しめそうです。

そもそも、同じ場所に留まるのが好きな「月」と未知の世界を知りたい「木星」はバランスを取るのが難しい天体です。

ですから、急に遠くへ行きたくなったり、家にこもりたくなったり、交友を広げたくなったり、ひとりでいたかったり……など、心の変化が頻繁に起こるでしょう。

自分の心へ意識を向けて、バランスを取ることを意識してみましょう。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次