【アスペクトを知る】月と金星からわかる性格は?

目次

月と金星のアスペクト

 

感情を表す「月」と美意識を表す「金星」のアスペクトです。

「月」も「金星」も女性を表す天体なので、

このアスペクトを持つ人は世話好きで優しい性格をしています。

見た目も可愛らしい人が多く、ファッションやインテリアなど美的センスに優れています。

 

 月と金星 0度(コンジャンクション)

2つの天体がホロスコープ上でぴったり重なる状態をコンジャンクション(合)と呼びます。

心の内面を表す「月」に、愛や美意識を司る「金星」が重なっています。

感情表現が豊かで、とても社交的です。

人を惹き付ける魅力があり、愛されオーラが出ているでしょう。

自分自身が安心できる良好な家庭環境で育ったので

周りの人が、困っていないか、ちゃんと食べているか、みんなから愛されているか……など、ひとりひとりを気にするお母さんのような面も持ち合わせています。

世話好きは人だけにとどまらず、ペットを育てたり、植物の世話に励む人もいるでしょう。

このアスペクトの人が最も大切にしていることは「調和」です。

その場の空気が良好であるように、争いごとは事前に気がついて避けようとします。

誰かが苦しんでいると、自分の事のように痛みを感じるほど共感力が高い人でもあります。

プライベートでは、服やアクセサリー、コスメなど、ショッピングが大好き!という人も多いでしょう。

ファッションセンスに長けいますし、おしゃれなインテリアを選ぶことも得意です。

外見も中身も美しくあろうと務める人です。

 

 月と金星 120度(トライン)

月と金星が調和の取れた角度で結ばれています。

このアスペクトを持つ人は、ポジティブで優しい性格をしています。

聞き上手で、共感力に優れているので、周囲からの人気も高いでしょう。

人間関係の調和をなによりも大切にするので、争いごとが起きたら、そっと割って入り上手に解決します。

このアスペクトの人のおかげで、様々なトラブルが人知れず回避されているのです。

センスが良く、審美眼があるので、きれいな物に囲まれているとリラックス出来ます。

スタイリストやインテリアコーディネーターなど、センスを活かした仕事に向いています。

アート、音楽、ハンドメイドなど、創作で自分を表現することが好きな人も多いでしょう。

今の生活に満足しているので、新しいことにチャレンジするのは少し苦手ですが、「人を助けたい」と決めた時は大きな力が出ます。

ポジティブなエネルギーが溢れているので、自然と対人運や金運を引き寄せるでしょう。

男性でこのアスペクトを持つ人は女性からの人気が高いです。

紳士的で共感力に優れているので、この人と一緒にいると安心する女性は多いはずです。

 

 月と金星 90度(スクエア)

天体同士が90度の角度に位置すると、緊張感のある関係になります。

他のメジャーアスペクトと同様に、魅力があり、人気も高い人です。

しかし心に抱えている寂しさから、自分だけを見て欲しい、もっと愛されたいという気持ちが強く出る傾向があります。

そういった傾向が強くなると、自分をおろそかにしがちです。

自分がこの人といたいという理由よりも、相手が自分を好きかどうかで一緒にいる人を決めるということにもなりかねません。

また、愛されたいという衝動が人間関係で解消されない場合は、過食や衝動買いに走ることもあります。

人間関係で安心を得たいというのは「月」が持つ性質です。

このアスペクトを持つ人は、特定の人とだけずっと一緒にいるというよりは、なるべく沢山の人と過ごす方が心の平穏を保ちやすいです。

そうやって、大勢の中にいる自分に自信を持つことで「金星」が活性化します。

そうなれば、さらに魅力的な人になり、持ち前のセンスをさらに活かせるでしょう。

 

 月と金星 180度(オポジション)

天体同士が180度で、向き合うように位置するアスペクトがオポジションです。

母親の影響、または身近な女性の影響を強く受けるでしょう。

世話好きで、優しい性格をしています。

ただ、自分ひとりでは生きていけないという思いが強く、孤独に対して恐怖心を持っている人に多いアスペクトです。

そのため、パートナーには自分を守ってくれるハイスペックな人を求めます。

パートナーからの愛情表現が足りないと、ものすごく不安になりますし、自分が愛した分だけ相手も返して欲しいと思うこともあるでしょう。

このアスペクトの人は、例えば、結婚など特定の誰かが人生に深く関わる前に、自分の時間をしっかり取ることが大切です。

自分と向き合い、自分を愛することで、恋愛も人間関係も向上します。

性格は社交的なので、大勢で集まることが好きな人が多いでしょう。

周囲の人が穏やかに過ごせるように、気を遣うことを欠かしません。

とにかく美しいものが好きで、大好きな物に囲まれると満たされます。

また、美容のためならお金に糸目はつけない、という人も多いでしょう。

美的センスや色彩感覚に優れているので、センスを活かせる仕事に就くと良さそうです。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次