【アスペクトを知る】太陽と月からわかる性格は?

目次

太陽と月のアスペクト

太陽と月は占星術の中でも重要なアスペクトです。

社会的な自分を表す「太陽」と自分の内面を表す「月」の組み合わせです。

ホロスコープでこの2つの天体がアスペクトを取っていれば、特に注目してみてください。

 

 太陽と月 0度(コンジャンクション)

2つの天体がホロスコープ上でぴったり重なる状態をコンジャンクション(合)と呼びます。

太陽と月のコンジャンクションの人は、新月生まれの人です。

太陽も月も占星術では「ライツ」と呼ぶ影響の強い星なので、この2つの天体の組み合わせは非常に強いアスペクトといえます。

太陽の目的と、月の感情が同じ方向を向いている状態です。

太陽の意思に月(感情)が従うので、自分の決めたことに葛藤がありません。

意思決定を早く行い、目の前の目標に全力で取り組むことが出来るでしょう。

目標がはっきりしていて、意思決定の早い人になりそうです。

太陽と月が同じ視点を共有しているため、客観性が欠けたり、自分の考えに固執しやすい傾向もあります。

それでも、自分の考えに自信を持っているからこそ、周りを率いる力があるでしょう。

若いうちから頭角を現す人が多い、カリスマアスペクトです。

 

 太陽と月 120度(トライン)

太陽の「自己」と月の「感情」がバランスの取れた状態にあります。

自分の考えに自信があるため、素早く意思決定することができそうです。

太陽と月のトラインは両親の仲が良好という意味に捉えられるので、このアスペクトを持つ人自身も、家族仲の良い人が多いでしょう。

人間関係における調和を大事にするので、人気者に多いアスペクトです。

のんびり気楽に見える性格が、周囲の人に心地よい安心感をもたらします。

もともと争いが嫌いで、人間関係がこじれることを何より苦手とするかもしれません。

人と良好な関係を作れるので、自然と運が集まってくるでしょう。

上手くいくことが多い分、逆にモチベーションを保つのが難しい時があります。

それでも、潜在的な能力を見つけることで、より輝く運勢です。

やりたいことを見つけたら、どんどん挑戦していくと良いでしょう。

子供や動物を愛する、心優しい人です。

 

 太陽と月 90度(スクエア)

太陽と月がスクエアの人は、上弦の月または下弦の月生まれです。

自己を表す「太陽」に対して「月」の感情が緊張感のある角度を取ると、生きるために必要なことと、自分の気持ちに矛盾が生まれます。

社会的な自分の成功のためには、感情が犠牲になります。

例えば、海外で仕事がしたいとしたら、安全な地元を離れ、家族や友人、恋人もいない土地で、一から始める不安を克服しなければいけません。

このアスペクトの人も同じように、自己実現するためには、月が求める居心地の良さを我慢する必要があります。

それでも、感情(月)を無視しては、健康的な生活は送れないものですから、月を疎かにすることはできません。

目的(太陽)と感情(月)のバランスを見つけることが、何より重要になります。

このような理由から、太陽と月のスクエアは、占星術の中でも使いこなすのが難しいアスペクトと言われています。

それでも、困難な局面を乗り越えてきたこそ、最後までやり通す力のある人です。

スクエアの緊張感によって、自分が心からやりたいことに向き合うことになるでしょう。

また、このアスペクトの人から醸し出される特有の二面性は、周囲の人にとても魅力的に映るでしょう。

自分を好きになることで、人間関係がどんどん良くなります。

 

 太陽と月 180度(オポジション)

太陽と月のオポジションは、満月生まれの人です。

天体同士が180度で、向き合うように位置するのがオポジションなので、表向きの自分(太陽)と内面の自分(月)が向き合っているようなイメージです。

どちらもお互いに監視し合っているので、もともと自分を客観的に見ることのできる人です。

それでも、「自分をさらによく知ること」が重要なテーマとなりそうです。

このアスペクトの人は、周りの人をよく観察することで、自分が何者なのかを紐解こうとします。

周りの人の欲しいものを察したり、その人の価値観や考え方を良く理解します。

そうすることで、自分はどうなんだろう?という疑問を少しずつ、解決していくのです。

常に相手の立場に立って考えられる、人付き合いの上手な人です。

若い頃から浅い交友関係より、深い人間関係を求める傾向にあるかもしれません。

しかし、幸せを他者に求める過ぎると、自分の想っているほど、相手が自分を大事にしてくれないことが許せないこともあります。

人にしてあげるばかりでなく、自分で自分を大切にすることを優先しましょう。

オポジションは外に向けて発信するアスペクトなので、自分の存在を外へ向けて発信したくなるかもしれません。

ですが本人からすると、いまいち自分を表現し足りないと思うことがあるようです。

自分に自信を持つことで、より個性的でエキセントリックな面を表現していけるでしょう。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次