【アスペクトを知る】水星と冥王星からわかる性格は?

目次

水星と冥王星のアスペクト

知性の星水星と破壊と再生の星冥王星のアスペクトです。

ホロスコープ上でこの2つの天体がアスペクトを取ると、物事の本質を解明したいという、知識欲が強くなります。

どのメジャーアスペクトでもとても頭の良い人です。

 

 水星と冥王星 0度(コンジャンクション)

2つの天体がホロスコープ上でぴったり重なる状態をコンジャンクション(合)と呼びます。

知性を表す水星に冥王星のパワーが合わさり、並外れた探究心が生まれます。

突き詰めないと気が済まない性格で、これと決めたテーマを納得がいくまで掘り下げるでしょう。

解明するのが難しそうなテーマであるほどわくわくします。

何事も、疑ってかかることから学習を始めるので、検証を繰り返し、解明するまでのプロセスに手を抜きません。

それだけに、自分の考えや知識に揺るぎない自信を持っているでしょう。

研究者に向いているアスペクトであり、科学や心理学など専門を持つことが多そうです。

そして、このアスペクトを持つ人は非常に説得力のある話し方をします。

声に力があり、聞き手を集中させるオーラのある人です。

 

 水星と冥王星 120度(トライン)

知性を表す水星と、強力な力を持つ冥王星が調和の取れた角度で結ばれています。

コンジャンクションのアスペクトと同様に、探究心の強い性格がみられます。

幅広い分野に興味があり、理解力と観察力に優れています。

ある特定の分野では専門家並みの知識を持っているかもしれません。

話術に長けているので、講演やプレゼンなど人前で話すことが得意な人に多いでしょう。

ユーモアを交えたり、聞き手を惹き付けたり、言葉を自由自在に操ります。

言葉の力を生まれながらに理解しているので、周りの人を鼓舞したり、ドラマチックな文章を書いたり、言葉を使ってたくさんの人に良い影響を与えることができます。

良好な人間関係に恵まれますが、基本的に秘密主義な性格なので、本心をなかなか打ち明けません。

同じレベルで会話できる、知的な友人を求めているでしょう。

 

 水星と冥王星 90度(スクエア)

冥王星に対して水星が緊張感のある角度を取ると、類い希な集中力が生まれます。

周りが見えなくなるくらい、目の前のことに集中しすぎることがあるでしょう。

表面的で中身の薄いものが嫌いなため、「物事の裏に隠された真理」のようなテーマを好みます。

問題の核心に迫り、気になったことは全てを明るみに出すまで調べ上げるでしょう。

頭脳明晰で、飽くなき好奇心を持つ人です。

納得のいくまで調べた情報と、経験による裏付けがあるので、このアスペクトの人の意見はとても信頼性があります。

このアスペクトの人の考えが貴重であることを、多くの人に分かってもらうためには、話し方を工夫しなければいけないかもしれません。

冥王星の影響もあり、話し方がきつくなったり、正論で相手を打ち負かしたりすることがあります。

時間がかかったとしても、相手が理解するまで優しく教える方が、結果として自分に良い影響を与えるでしょう。

勉強も仕事もやり過ぎ傾向にあるので、休めるときにはしっかり休みましょう。

 

 水星と冥王星 180度(オポジション)

天体同士が180度で、向き合うように位置するアスペクトがオポジションです。

オポジションは外に働きかけるアスペクトなので、自分の知っている知識を外へ発信していくようなイメージです。

しかし、冥王星が関わっていることから、発信していく内容は専門的であったり、しっかりと裏付けされた情報になるでしょう。

普段から、社会問題や国際情勢など、解決すべき問題に焦点を当てることが多いかもしれません。

情報や人の話を聞いたまま鵜呑みにすることはまずないので、独自の情報源を使って、正確な情報を得ることが得意でしょう。

それを人に伝えることも上手な人です。

水星はおしゃべりが好きな天体ですが、冥王星は水星に深い内容のテーマしか許しません。

ですから、このアスペクトを持つ人は、おしゃべりが好きではあるものの、浅いだけの表面的な会話は好まず、腰を据えて何時間でも話し合うような語り合いを求めます。

相手にも自分と同じ熱量で話してくれることを求めますが、ほとんどの人はこのアスペクトの人の知識の深さについていけないので、寂しい思いをするかもしれません。

それでも、情報の信頼性や、知識の深さはこのアスペクトの人の素晴らしい能力です。

勇気を持って考えを発信することが、たくさんの人のためになるでしょう。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次