運命を定める!「ヨッド」の意味とその使い方

目次

ヨッドとは

ヨッド(ヨード)とは、3つの天体からなる2等辺三角形のアスペクトです。

セクスタイル(60度)で結ばれる2つの天体が土台となり、それぞれが頂点の天体とクインカンクス(インコンジャンクト)(150度)で結ばれています。

天体の間には緊張感がただよい、逃げ場のないような圧力が感じられるアスペクトです。

運命のような強制力をもつとされていることから、「神の指」と呼ばれています。

西洋占星術の中では比較的新しいアスペクトであり、解釈が難しいとされるアスペクトパターンのひとつです。

それでは、さっそくヨッドの特徴をみていきましょう。

 

ヨッドをつくる3つの天体

図の通り、ヨッドは頂点となるAの天体と、土台となるBとC、合わせて3つの天体で形成されます。

BとCの天体は、セクスタイル(60度)となるので、お互いに調和の取れた関係となります。

しかし、ここで問題となるのが、AとB、AとCを結ぶクインカンクス(150度)の関係です。

クインカンクスは、お互いに共通点を持たない天体を結ぶアスペクトです。

例えば、牡羊座と乙女座は、星座が5つ離れているのでクインカンクスを形成します。

牡羊座は、男性星座(陽)・活動宮・火のエレメントであるのに対して、乙女座は女性星座(陰)・柔軟宮・地のエレメントに属しています。

この2つの星座に共通点を見いだすのは難しいでしょう。

ヨッドの頂点となる天体は、共通点のない2つの天体とバランスを取らなければなりません。

しかも、アスペクトパターンが作られていることで、この頂点となる天体には逃げ場がなく、常に緊張状態を強いられます。

自分らしさを発揮する機会が失われ、もどかしさを抱えることになるのです。

 

セクスタイルは、天体が60度(星座2つ分)離れているときに形成されるアスペクトです。
トラインほど強力ではないものの、穏やかで調和の取れた関係にあります。
クインカンクスは、天体が150度(星座5つ分)離れているときに形成されるアスペクトです。
相容れない2つの天体を結ぶアスペクトなので、天体同士のバランスを取る方法をみつけられるかが鍵となります。
占星術家の多くは、ヨッドにおけるクインカンクスのオーブ(アスペクトの誤差)を2度以内に設定しています。

 

 

ヨッドの意味

ヨッドにおける困難な課題

ヨッドの土台となる2つの天体は、お互いに共通点があるので、同じ目標に向かって働くことができます。

しかし、頂点となる天体は、共通点がないことから、土台となる天体の意思をくみ取ることができません。

頂点となる天体は、目的もわからないまま、2つの天体によって動かされることになります。

頂点の天体が動こうとするたびに、2つの天体が全く違う方向へ引き戻そうとするのです。

 

出生図にヨッドを持つ人は、まさにヨッドの頂点と同じような状況におちいります。

やりたいことがあっても、常に何かが邪魔をしてくるような感覚があるかもしれません。

そして、無理やり推し進めたとしても、問題が発生したり、方向転換を強いられたりします。

目的もわからないまま、ある決められた方向へ引っ張られているような感覚です。

 

そのせいで、精神的な不安や、ストレスを抱えることになるかもしれません。

しかし、ストレスを逃れようとすることが、自身の「運命」に気がつくきっかけとなる場合もあります。

思うままに進んでいては、何らかの邪魔が入るので、自分の意志と反しても邪魔されない道を探したくなるのです。

そしてしだいに、自らに与えられた「特別な目的」を意識するようになるでしょう。

その目的が何なのかわからなくても、強力な力が人生に働いていると感じるようになります。

物事ができるだけ上手く進むような方向を、手探りで探していくことになるでしょう。

 

ヨッドの解釈

ヨッドは、まだまだ議論の余地がある複合アスペクトです。

その役割についても様々な解釈がなされているので、ここでいくつかご紹介します。

 

ひとつのテーマを深める

出生図にヨッドがある人は、ひとつの分野を極めることが多いといわれています。

自らこれをやると決めるのではなく、運命によって定められたテーマを手探りで深めていくイメージです。

それなので、自分が今どこを歩いているか分からなくなることもあるでしょう。

今までやっていたことをやめて、突然新しいことを学んだり、別の場所へ移り住んだり、一見共通点のないように思われる、さまざまな経験を積むことになるかもしれません。

そして、それらがすべて”同じ目的”のために必要だったと気づくことがあるでしょう。

知らないうちに、次々と基礎を固めていたような感覚です。

しだいに才能を磨くことを、自分の使命のように感じるようになるかもしれません。

ヨッドを極める上で、生まれ持った素晴らしい才能を開花する機会を得るでしょう。

 

精神的な成長

自らに困難な状況を課して、精神的に成長しようとする働きです。

この人生で伸ばしたいテーマのようなものがあるかもしれません。

例えば、この人生を奉仕のために使おうと決めた人もいるでしょう。

または、何がなんでも自分らしく生きると決めた人もいるかもしれません。

そして、次の世代を生きる人たちのために、助けになりたいと思う人もいるでしょう。

難しい状況をひとつずつ乗り越えることで、早く成長したいという働きをあらわしています。

 

生まれた家系のパターン

ヨッドは、先祖や家系の問題に関係があるといわれています。

ヨッドを持つ人は、今まで何世代にもわたって続いた家系のパターンを壊すというものです。

ヨッドを持つ人が生まれることで、その家系の問題に光が当たります。

そのことがきっかけとなり、家系全体が癒やされる機会を得られるかもしれません。

もちろん、ヨッドを持つ人が受け持つ役割は簡単なものではないでしょう。

しかし、今まで手つかずだった側面があきらかになったり、前進するためのきっかけを得られたりと、大きな影響を与えることになります。

 

ヨッドの使い方

出生図にヨッドを持つ人は、流れに身を任せるのに慣れなくてはいけません。

時には、やりたいことをあきらめたり、空白のような期間があったりするかもしれません。

ヨッドの土台となる2つの天体が、常に頂点となる天体を調整してくるので、いつも軌道修正されているような気分になります。

そのもどかしさに慣れながら、ただ目の前にあることに集中しなくてはならないでしょう。

ヨッドの強力なエネルギーを使いこなすには、努力と忍耐が必要です。

それでも、あるときから自身の成長がみえるようになります。

 

人生に不思議な力が働いていることが、よりはっきりとわかるようになるでしょう。

そうすると、ヨッドと本当の意味で同調できるようになります。

人並み外れた才能を発揮することも珍しくありません。

独自の能力を開花させたり、影響力をもったりすることもあるでしょう。

それでも、ヨッドを持つ人が望んでいるのは、自身の才能をひけらかすことではなく、与えられた使命を果たすことだと思います。

今度はその使命のために、ヨッドの神秘的なエネルギーを自由に使えるようになるでしょう。

ヨッドの土台となる2つの天体から動かされるのではなく、今度は、頂点となる天体が自らの目的を叶えるために、土台となる天体を動かすようになるのです。

 

複合アスペクトは、アスペクト単体よりも強力なエネルギーを放ちます。

その分、上手に使いこなす必要がありますし、ヨッドの場合は困難を極めます。

人生をかけて取り組むくらいに、長い時間をかけて取り組む課題です。

ですから、焦らずゆっくりと向き合っていきましょう。

進んでいないと思える時ほど、実はめきめきと力をつけているものです。

全てのアスペクトがそうであるように、ヨッドもまた、成長をもたらしてくれる贈り物です。

与えられた大きな運命に身を任せてみましょう。

 

おわりに

ここまで読んでいただきありがとうございました。

今回は、「ヨッド」という珍しい複合アスペクトの特徴について解説しました。

ヨッド以外の複合アスペクトについても解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次