【蠍座の木星】幸運を引き寄せる3つのヒント

目次

占星術の木星

占星術で木星は「幸運をもらたす天体」として知られています。

わたしたちの人生を豊かにしてくれる、寛容な天体です。

木星は12年かけて12星座を一周するので、約1年にひとつの星座を訪れることになります。

出生図の木星星座を調べることで、木星の性質をどのように表現できるか、知ることができるでしょう。

それらは、「幸運を引き寄せるためのヒント」となります。

また、木星は「拡大」をもたらす天体ですから、精神と知性の成長を助けてくれます。

自身の長所をどう伸ばしていけば良いか、木星星座から多くの学びを得られるでしょう。

蠍座の木星

木星と蠍座はとてもパワフルな組み合わせです。

木星は拡大する天体ですから、蠍座の野心をより強いものにします。

木星が蠍座にある人は、目標を達成しようとするときに素晴らしい力を発揮するでしょう。

「能力を使いたい」、「自分自身を表現したい」、「欲しいものを手に入れたい」など、望みをはっきりさせることで木星の力が高まります。

たとえ険しい道を選んだとしても、それらを乗り越えられるたくましさをみせるでしょう。

また、ここぞというときにリスクを取る大胆さもみられます。

恐れ知らずな行動は気をつけるべきですが、それでも大抵のことは運で乗り切ってしまうのです。

自身の運の良さを感じる瞬間も多いのではないでしょうか。

木星蠍座の人からは「人生は自分で切り開く」と決めているような、あふれる自信が感じられます。

そのカリスマ性は、多くの人の目に魅力的に映ります。

幸運を引き出すヒント

木星蠍座の人がさらに輝くために3つのヒントをご紹介します。

①内面を知る

蠍座は「内面」と深く結びつく星座です。

木星蠍座の人は、自分自身を知りたいという思いが、大人になるほど強くなるでしょう。

自分は何が好きで、何に夢中になるのか。

また、どんなことが苦手で、どんなことを隠したいと思っているのか。

謎を解き明かすように、いつも心の中を整理する時間を取ると良いでしょう。

時には、占星術や心理学、セラピーなどから、きっかけをみつけられるかもしれません。

木星蠍座によるエネルギーは膨大なので、そのエネルギーは常に行き場を探しています。

内面を振り返ることで、持って生まれた強いエネルギーを何のために使おうとするのか、みえてくるはずです。

木星蠍座の人は、すべての力をかけてひとつの目標に没頭します。

たとえ時間がかかったとしても、情熱のすべてを注ぐに値する目標をみつけることで、木星の恩恵を受けることができるでしょう。

②変化し、前進する

成長しようとする木星と、変化を遂げようとする蠍座は、良い組み合わせです。

木星蠍座の人は、変化し、前進することで幸運に恵まれるでしょう。

変化するためには、今より少し難しいことに挑戦すると良さそうです。

できるか分からないような難題にこそ、木星はより力を発揮します。

危険なことは避けた方が無難ですが、それでも多少の失敗は許容範囲です。

木星蠍座の人は、困難な時ほど状況を好転させられる、強運の持ち主だとされています。

転んでもただでは起きない人なので、今まで以上に強くなることができるのです。

経験によってどこまでも成長し、劇的な変化を遂げることができるでしょう。

そうすることで、木星蠍座の人の可能性は無限に広がります。

木星は優しい天体ですから、良い世の中をつくりたい、人を助けたいなど、人道的な動機には、なおさら力を貸してくれるでしょう。

③探究心を発揮する

木星蠍座の人には、何かを解明したいという探究心が備わっています。

謎や隠されたものに、強く惹かれることがあるでしょう。

神秘的なものや、まだ見ぬ知識に出会うと、ほんの少し知るだけでは満足できません。

どんなに時間がかかっても、納得のいくまで掘り下げないと気が済まないのです。

蠍座の木星は、占星術や超自然的なもの、スピリチュアルなものとの相性が良く、学ぼうとする人も多いでしょう。

望んでいる人に知識を授けたり、ヒーリングをしたり、能力を存分に発揮できます。

また、解明したいと思えば、医療や研究、金融やビジネスなどジャンルを問いません。

その類い希な集中力と観察力によって、どのような分野でも頭角を現します。

さらに、蠍座の木星の人に与えられた幸運は、その直感力にあります。

未来をある程度予測したり、新たな発見をしたりするなど、直感力による恩恵を受けられそうです。

自分の直感に従い、心の声を聞くことで、木星はより幸運に導いてくれるでしょう。

おわりに

ここまで読んでいただきありがとうございました。

今回は、蠍座の木星をさらに豊かに表現するためのヒントをご紹介しました。

木星星座を読み解くうえで、ご参考になれば嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次