1ハウスに「火星」がある人の性格は?

1ハウスの意味

「1ハウス」のテーマは自分自身です。

自己表現やアイデンティティなど、個性を表す場所です

1ハウスに天体がある人は、その天体が自身の成長に大きく影響します。

自分自身と向き合う時間を取ることで、より1ハウスにある天体を活かせるでしょう。

 

1ハウスの火星

1ハウスは、「自分自身」を象徴する重要なハウスです。

そして、火星は「自信」「勇気」「行動力」など活動的なエネルギーを司る天体です。

1ハウスに火星がある人は、強い肉体、または強い精神力(もしくは両方)に恵まれます。

有り余るエネルギーと熱意によって、人生をパワフルに切り開いて行くでしょう。

それでは、火星が1ハウスにある人の性格をより詳しくみていきましょう。

 

エネルギー

1ハウスに火星がある人は、活動的かつエネルギッシュな性格が特徴です。

まずは、バイタリティ溢れる身体能力の高さが目立ちます。

スタミナがあり、長時間体を動かし続けることが得意です。

体を鍛えたり、スポーツをしたり、体力のいる仕事をこなしたりするなど、活力に満ちた生活が理想的です。

健康的な身体とそこから生まれる自信によって、圧倒的な存在感を放ちます

 

ホロスコープ上の火星の状態によっては、身体的よりも、精神的な強さとして、1ハウス火星が働く場合があります。

そのような場合は、スケールの大きなことを好む、大胆な性格となります

挑戦を怖がりませんし、目的が難しいほど力が湧いてくるでしょう。

人に頼るよりも、なんでも自分で解決しようとする性格です。

 

(身体的にも精神的にも)突出したエネルギーの高さを誇るからこそ、それらを上手に扱うことが大切です。

エネルギーを上手く使いこなせないと、落ち着きのなさや怒りっぽさにつながります。

・定期的な運動
・自らを競争的な環境に置く
・難しい目標を目指す
・新しいことにチャレンジ

上記のように、火星のエネルギーを使うことを意識すると良いでしょう。

やってみたくてうずうずしてしまうようなことにこそ、火星が力を貸してくれます。

 

ひとり行動

1ハウスに火星がある人は、生まれつき独立心の強い傾向にあります。

束縛を嫌い、自分のやり方で物事を進めることが好きです。

自己主張が強く、決断力があるので、ひとりで仕事を進めることが向いています

 

同時に、人間関係に悩みを抱えることが多いようです。

というのも、特有の存在感強いオーラで、知らず知らずのうちに周囲を圧倒していることがあります。

さらには、大胆な行動や、率直な発言に、相手はどこか落ち着かない気持ちになることがあるでしょう。

チームで働く場合には、周りをよく気遣い、多くコミュニケーションを取ると良いです。

 

実際のところ、ひとりで行動する方が効率は良いでしょう。

有り余る体力に、自分でなんでも決められる決断力、そしてちょっとやそっとではへこたれない精神力を考えると、ひとりでも十分に仕事をこなせます。

自分ひとりで道を切り開くのか、それとも人間関係に気を遣いながらチームで働くのか……、(1ハウスに火星がある人には)特に多い悩みです。

両方のバランスの取り方をよく考えていくと良いでしょう。

 

芯の強さ

1ハウスに火星がある人は、自分の「望み」を強く抱き、そのためにどこまでも努力します

勇気を持って行動し、困難にもめげません。

競争心も強いので、1番になりたいという思いは良いモチベーションとなるでしょう。

ひとつを達成しても、新しい目標をみつけると再び闘志が燃え上がります。

自分の努力と結果は、そのまま個性に繋がると信じているからこそ、限界まで能力を引き出したいのです。

火星の状態によっては、これらの性質が(ご自身の性格よりも)やや強すぎると感じる人もいるかもしれません。

しかし、共通してみられるのは圧倒的な芯の強さです。

自らの強みを理解し、成長しようとする強い意志が備わっています。

自分の内なる力を信じて、1ハウスの火星を上手に活かしていきましょう。

 

おわりに

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

今回は、火星が1ハウスにある人の性格とその魅力についてご紹介しました。

このサイトでは火星星座についても解説しています。ハウスを読み解く際にはぜ火星星座も合わせてご覧ください。