金星が上昇星となる人の性格は?【占星術解説】

前回は、金星が1ハウスとなる配置についてお話しました。

今回は、金星が「上昇星」となる人の特徴について解説します。

目次

上昇星(ライジングスター)とは

アセンダントの前後5度ぐらいにある天体は、上昇星ライジングスターライジングプラネットと呼ばれます。

上昇星となる天体は、個人としての成長に大きく関わるといわれています。

上昇星の影響を受ける人は、その天体の特徴に注目すると良いでしょう。

アセンダントは自分と外界をつなぐ”窓”のような役割を果たすので、上昇星はその人の印象や外見的な特徴にも大きな影響を与えるとされています。

上昇星としての金星

アセンダントの近くにある天体は、その人の「個性」や「外見」に大きな影響を与えるといわれています。

金星は「美と調和」を象徴する天体ですから、この配置はホロスコープの持ち主を魅力的に輝かせます

立ち居振る舞いからは気品が感じられ、優雅な雰囲気が漂う人です。

それでいて、話し方は親しみやすく、たくさん笑うことから、周囲をぱっと明るく照らすでしょう。

男女問わず、チャーミングな人柄で人を惹き付けます

おそらく、金星が上昇星にある人は自身の魅力にすでに気がついているでしょう。

それでも満足することなく、金星のエネルギーによって、持って生まれた以上の「美しさ」を目指します

ひとりひとりのホロスコープが違うように、「美」の表現もそれぞれに異なります。

自分だけが表せる「美しさ」を追求し、表現しようとすることが、ひとつの目標となるでしょう。

美しさの追求

美的感覚に優れた「金星が上昇星となる人」の得意分野をみていきます。

外見の美しさ

ファッションやアクセサリー、コスメやヘアスタイルなど、センスを必要とする分野に長けています

持ち前の美的センスによって、自分の美しさを最大限に引き出します。

同じように、自分の手で誰かを美しくしたいと思うかもしれません。

専門的な技術を持って、人々を魅力的に輝かせることができます

内面の美しさ

金星は調和を願う天体ですから、世界が平和であることをとても気にかけています

みんながポジティブでいられるよう、元気を分けてあげたいと考えている人も多いでしょう。

人を笑顔にする仕事や、サポートする仕事を好みます。

プライベートでも、人間関係を大いに楽しみながら、多くの人たちを笑顔にするでしょう。

人と人との間に入って仲を取り持ったり、仲たがいしている人を仲裁したりすることが得意です。

美的センス

金星が上昇星にある人は、美しいものが好きです

美しさへの独自のこだわりがありますし、細部まで見抜く審美眼にも恵まれています。

装飾品や家具のデザインを楽しみ、センス良く飾ることに充実感を得ます。

また、音楽やアートなど洗練された芸術を楽しむことは、癒やしにも繋がるでしょう。

そして、自ら芸術を作り上げることにも興味を持つかもしれません。

自分の表現したい「美」を追求し、人を喜ばせることが大きな原動力となります。

このように、金星が上昇星にある人は、それぞれが目指す美しさを追求することで、すばらしい能力を発揮します

ひとつだけ気をつけるとすれば、自分の内なる強さに自信を持つことです。

無理して人に合わせたり、頼ったりしなくても、独自の道を切り開く力は十分に備わっています。

その強い意志に気がつくことで、金星が上昇星にある人は一層輝いていけるでしょう。

おわりに

今回は、金星が上昇星となる人の特徴について解説しました。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

1ハウスの金星についての解説も、ぜひ合わせてご覧ください。

同じく、金星星座も組み合わせることで、よりホロスコープを深く読み解くことができるので、こちらもぜひチェックしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次