守る力!火星が「蟹座」にある人の性格は?

目次

蟹座の火星

占星術で火星は、エネルギーや情熱をあらわします。

どんなことでやる気が湧き、何のために立ち上がりたいのかを示す天体です。

火星星座を知ることで、火星の力を良い方向へ導けるでしょう。

 

性格について

蟹座は、家族を大切にする優しい星座として知られています。

感情が豊かで、内面の世界に目を向ける星座です。

攻撃的で、外へ働きかける火星の性質は、蟹座の性質とはやや相容れないものです。

それなので、火星蟹座の人は自身がもつ「強さ」を隠す傾向があります。

あるいは、まだ自分の強さに気がついていないかもしれません。

みんなで一緒に生きようとする火星蟹座の人は、自分だけで強引に何かをすることを嫌います。

意見を声高に主張して、自らの強さをひけらしたくはないのです。

繊細な外見に、穏やかな雰囲気がただよう人ですから、周囲も火星蟹座の人の強さに気がつかないでしょう。

しかし、本当は粘り強く、いざというときに爆発的な力を出せる人です。

その時がくるまでは、なるべく対立を避け、冷静さを見失いません。

優しい性格なので、普段から周りの人の面倒を見ることが多いでしょう。

困っている人がいれば、すぐに行動し、助ける力があります。

他の人の悩みにもよく気がつくので、精神面のサポートをしたり、保護したりすることを仕事と結びつける人もいるでしょう。

 

原動力

火星蟹座のエネルギーは、「感情」と結びついています。

喜びや、怒り、悲しみのように、火星蟹座の人はドラマチックな感情を抱えています。

感受性が強く、それゆえに心配や不安をよく感じるかもしれません。

火星蟹座の人は、自身の感情を整理したり、自由に表現したりできるような、安心できる「家」を求めています。

「家」は、人によっては家庭であったり、職場であったり、または地域よりもっと広い範囲を指すかもしれません。

安心があってこそ、感情と向き合い、内面の世界を広げることができるのです。

大切な人たちが嫌な思いをしたり、今まであったものを変えられたりするのは、耐えられません。

こうした「家」を守るためならば、火星蟹座の人はどんなことにも立ち向かえるでしょう。

いざとなったら、守るべきもののために戦うことができる人です。

そして、守りたいものは年々増えていくかもしれません。

大切な全ての人たちのために、安全だと感じられる場所をつくってあげたいと思うでしょう。

恋愛でも、安心感を与えてくれる人が気になり、はやく家庭をもちたいと思うかもしれません。

安心できる場所では、自分の内面の世界により深く入り込めるからです。

一旦感情に飲まれると、心のコントロールが上手くとれなくなることもあります。

音楽や読書、または芸術的な創作など、感情を流すような作業をすることで、心の安定が得られそうです。

 

「火星蟹座」を使うためのヒント

家族と一緒に過ごしたり、好きな人と過ごしたりする時間に心が安まります。

なじみのある場所や、慣れ親しんだ人たちに囲まれるのが好きでしょう。

それなので、生活が変化するような時期は、不安定になりやすいかもしれません。

または、自分のやり方を変えられると、感情が爆発することもあります。

それでも「変化」を少しずつ受け入れていくことで、自身の世界が広がっていくでしょう。

誰よりも慎重な人なので、本当は変化に強いことを自分でもわかっているはずです。

もしも不安を感じたときには、信頼できる人に、自分の選択は正しいか聞いてみると良いかもしれません。

答えは自分の中にあっても、人に言ってもらえることで楽になることがあります。

そして自身の感情をよく理解している分、不安を抱えている誰かに寄り添うことができるでしょう。

周りの人の感情に敏感だからこそ、助けが必要な人をみつけることができます。

「守る力」は火星蟹座の人の特別なエネルギーであり、大勢の味方になれる人です。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次