情熱的!火星が「蠍座」にある人の性格は?

蠍座の火星

火星は「やる気」や「エネルギー」をあらわす天体です。

情熱的な蠍座にいることで、火星は力を余すところなく発揮できます。

ホロスコープ上に蠍座の火星がある人は、どうやってやる気を起こすかよりも、あり余るエネルギーをどのように「コントロール」するかに焦点を当てながら解釈すると良さそうです。

 

性格について

火星蠍座の人は、とても「情熱的」です。

ひとつの目標にのめり込みたいという情熱が、火星蠍座の人を突き動かします。

その対象はキャリアであったり恋愛であったり、何かしらのチャレンジかもしれません。

目標がはっきりすると、火星蠍座の人は成功するまで挑戦し続けます。

どんなに失敗しても、自分が望んだものは必ず手に入るという確信があるでしょう。

それなので、他の人がためらうような目標でも、果敢に挑戦することができます。

プレッシャーに強い性格なので、能力を試されるほど成長するでしょう。

誰に頼ることもなく、自分だけの道を歩く人です。

表面上はとても冷静なので、周囲の人たちはその「強さ」に気がついていないかもしれません。

それでも、火星蠍座の人は目力があり、意思の強さがはっきりと目にあらわれています。

それ以外では、内に秘めた「野心」をなるべく隠そうとするでしょう。

火星蠍座の人は、とても複雑な感情を内に秘めています。

何も恐れるものはないと思った途端に、昔のことを思い出して落ち込むといったように、感情が刻々と変化し、振れ幅が大きい傾向があるようです。

それなので、自分の感情はプライベートなものとしてなるべく秘密にするでしょう。

「感情」にとても敏感なため、周りの人がなにを思っているのか直感的にわかってしまいますが、そのことも秘密です。

詮索されたり、心をのぞきこまれたりするのは、火星蠍座の人にとって不快なことなので、なるべくポーカーフェイスを装います。

それがミステリアスな魅力となり、たくさんの人を惹き付けるでしょう。

 

原動力

蠍座は「感情」をあらわす星座です。

それなので火星蠍座の人は、感情(蠍座)によって行動(火星)することが自然な状態です。

わくわくして心が動くと、やる気が何倍にもアップするでしょう。

中でも、火星蠍座の人がわくわくするのは自身の「能力を最大限に発揮する」ことです。

ある余るエネルギーを使って、大きなことを成し遂げたいと思っている人も多いかもしれません。

蠍座は世の中の暗い部分も受け入れ、現実をたくましく生きようとする星座です。

しっかりと戦略をたて、欲しいものは自ら取りに行こうとするでしょう。

特に、火星蠍座には今まであったものを壊したいという衝動があります。

それまで誰も変えようとしてこなかった規則やシステム、そして社会のあり方に疑問を持つかもしれません。

または、従来の枠にとらわれない表現の方法や、ビジネスのあり方を模索する人もいるでしょう。

火星蠍座の人がいると、その場には変化が起こります。

周りの人たちにも、改革するための勇気を与えることができるでしょう。

恋愛でも、自分と似たような意志の強い人に惹かれそうです。

周囲からの人気も高い人ですが、複雑な感情を理解してくれる相手にだけ心を開くでしょう。

 

「火星蠍座」を使うためのヒント

火星蠍座は、膨大なエネルギーを扱うことになるので、普段からエネルギッシュな人が多いでしょう。

しかし、その一方でエネルギー過多になりやすくもあるので、火星のエネルギーを定期的に使っていかなければなりません。

火星のエネルギーを使わないでいると、激しい感情をコントロールすることが難しくなります。

そうなると、いつもより周りの人のことが気になって、モヤモヤするかもしれません。

なにかに没頭することで、火星蠍座のエネルギーを発散させましょう。

集中力を伴う作業やスポーツ、または夢中になれる趣味やゲームも良さそうです。

簡単なことでも良いので、集中力を発揮すると心が楽になります。

なにをするにも、すこし疲れるぐらいがちょうど良いです。

それでも、感受性が強い性格なので、ネガティブな感情でいっぱいになる日もあるかもしれません。

そんな時は、気が進まなくてもなるべく感情を外に出しましょう。

日記を書いたり、仲の良い人と話したりすることで、気持ちが整理できそうです。