記憶力が良い!水星が「蟹座」にある人の性格は?

蟹座の水星

水星は思考やコミュニケーションをあらわす天体です。

水星星座を知ることで、思考のパターンやコミュニケーションの取り方など、水星を使う上でのヒントを得ることができます。

 

性格について

水星蟹座の人は、思考が「感情」と結びついています。

新しい情報を得るときには、必ず「感情」のフィルターを通してから取り込みます。

自分がどう思ったか、どんな印象を受けたかなど、「感情」は蟹座の人にとって信頼できる情報の一部です。

感情を記憶することで、ずっと前のことでも鮮明に思い出すことができるようです。

このことから、水星蟹座の人は記憶力が良いといわれています。

特に会話の内容をはっきり覚えている人は多いでしょう。

普段から周りの人に気を配り、些細なことにでも関心を向ける優しい人です。

コミュニケーションを取るときは、言葉よりもその背後にある感情を大切にするでしょう。

特別な直感力によって、相手の微妙な仕草や表情から心を読み取ります。

このような情報は、相手が信頼できるかどうかを判断する上でも重要な基準となるでしょう。

普段から、周りの雰囲気が良くなるように気を配る人です。

周囲の感情に敏感な分、疲れやすい傾向もあるようです。

好きなお茶とおやつ、またはお気に入りの本など、心地良いものを身の回りに多く置いておきましょう。

適度な運動や散歩も心のバランスを取るのに有効です。

 

水星星座・蟹座のコミュニケーション

水星蟹座の人にとって、会話は相手と感情を共有するための大切な時間です。

感情を打ち明ける相手は、心から安心できるような信頼のおける人のみです。

そのため、初対面では相手をよく観察し、心を開くまでに時間をかけるでしょう。

水星蟹座の人は観察力と直感力に優れているので、言葉に騙されることは滅多にありません。

相手の表情や仕草、声のトーンなどから情報を集め、その人の本質を読み取る能力があります。

それなので、一度心を開けば、家族のように大切にするでしょう。

水星蟹座の人の声には包み込むような優しさがあり、聞き上手です。

全て話さなくても伝わる安心感があるので、周りの人は話していてリラックスできるでしょう。

反対に、自分の気持ちはなぜ相手に伝わらないのか、モヤモヤすることがあるかもしれません。

「感情を読み取る能力」は水星蟹座の人に与えられた特別な力ですから、周りの人たちは言葉で話してくれるのを待っているかもしれません。

もし気持ちが伝わっていないと感じたときには、出来るだけ時間をかけて話してみるのもよさそうです。

 

水星星座・蟹座の考え方

蟹座は感情と結びついた星座ですから、水星蟹座の人は何よりも自分の心を大切にします。

時に事実よりも、直感が正しいと感じられるからです。

それでも、むやみに感情に流されたり、思いつきで決めたりするわけではありません。

水星蟹座の人は記憶力が良いので、頭の中にはすでに膨大な情報が入っています。

周りからはおっとりしてみえても、実は頭はフル回転していて、たくさんの情報が高速で処理されているのです。

その情報を元に、物事を深読みするのが得意でしょう。

そして、様々な状況や情報を踏まえた上で、最終的な判断は自身の直感に委ねます。

どうしてそう考えたのかうまく説明できなかったとしても、導き出した結論が正しいことは自身が一番よくわかっているはずです。

だからといって、自分の意見に固執することなく、周りの人の意見にもよく耳を傾けるでしょう。

仕事でも、すぐに判断をしなければならない場合には、直感的に頭を使います。

さらに、水星蟹座の人は芸術的な感性が豊かなので、創作に関わる人も多いでしょう。

心の微妙な動きを言葉で表現できることから、文章を書くことで才能を発揮するかもしれません。

 

太陽が蟹座の人は下記の記事もぜひチェックしてみてください。
太陽星座のカテゴリーも一緒にご覧ください。
関連記事

蟹座の太陽蟹座生まれは、共感力に恵まれた、思いやりのある人です。人の気持ちを察することが得意なので、みんなが少しでも快適に過ごせるように尽力します。とても愛情深く、頼りがいのある人に多く見られる星座です。&nbs[…]