豊かな感情!太陽が「蟹座」にある人の性格は?

蟹座の太陽

蟹座生まれの人は、共感力に恵まれた思いやりの心を持っています。

周りの人の気持ちを察することが得意で、みんなが少しでも快適に過ごせるように尽力します。

とても愛情深く、頼りがいのある人に多く見られる星座です。

 

蟹座の性格

蟹座は12星座の中でも、非常に繊細な星座として知られています。

蟹座は、感情を表す「水のエレメント」に属する星座です。

絶えず変化したり、揺らいだり、流れたりする水の性質は、感情とよく似ています。

蟹座生まれの人は、こういった感情の変化にとても敏感です。

自分は何に心を動かされ、何に傷つくのかなど、忙しい日常の中でも、自身の感情の波を丁寧に感じ取ります。

感情に敏感だからこそ、周りの人の気持ちまで察することが得意でしょう。

言葉で聞かなくても、相手が何を考えているのかなんとなく分かるはずです。

周囲のわずかな変化によく気づき、トラブルを前もって察知します。

自分の直感力を信じれば、正しい判断が出来ることをよく理解しているでしょう。

そして、他人のことは手に取るようにわかる一方で、自分のこととなると、なかなか本心を明かしません。

水から陸へ移動する蟹のように、蟹座の人は複雑な行動パターンがあり、なかなか見破れない星座です。

予測不可能だからこそ、ミステリアスな印象があり、蟹座の人をもっと知りたいと思っている人が多いでしょう。

 

蟹座の魅力

蟹座の人は防衛本能が強いため、初対面の人にはなかなか心を開きません。

それでも、時間がたつに連れて穏やかな性格をみせるようになります。

月を支配星とする蟹座は、常に居心地の良い安全な空間を求めています。

同じように、周りの人に対しても安全でリラックスできる環境を作ろうとするでしょう。

人にくつろいでもらうことが好きなので、一度心を開いた相手には、いつでも帰ってこれる場所を提供してあげます。

家族をとても大切にしますし、仲間や恋人に非常に献身的です。

普段は対立を好まなくても、家族や愛する人を守るためなら、自分を犠牲にしてでも戦うでしょう。

その一方で、誰かが自分を守ってくれることは期待しません。

蟹座はとても自立した星座で、自分の身は自分で守ろうとします。

それでも、周りの人に自分を知ってもらいたくなったり、助けてもらいたい時がくるかもしれません。

そんな時は、自分の感情をほのめかすのではなく、率直にそして頻繁に伝えてみましょう。

蟹座の人には人を惹き付ける魅力があり、助けたいと思っている人も多いはずです。

 

蟹座・向いている仕事

勤勉で責任感があり、目標を確実に達成します。

組織の中に適応することも、独立して仕事をすることも得意でしょう。

蟹座の人は、自分の感情を芸術的に表現することが得意なので、クリエティブな才能を発揮しそうです。

音楽や、執筆、絵を描くことなど、インスピレーションを形にする方法を知っています。

創作が好きな人が多く、周りの人にも表現する喜びを伝えることが出来るでしょう。

また、蟹座は家と関係する星座なので、例えばインテリアデザイナーや建築家など、家と関わる仕事も得意分野です。

心地よい家づくりや、防犯対策、セキュリティなどに興味があります。

そして、何よりも人の心に寄り添うことを得意とする星座ですから、大勢を癒やす仕事に就くかもしれません。

医療関係やセラピストなど、思いやりと共感力を持って人をサポートできます。

面倒見が良く、直感的な判断を得意とするため、組織のリーダーとしても活躍できるでしょう。

 

太陽星座と月星座について

太陽星座は、私たちの「人生の目標」を表し、それを達成するために得た能力や資質を示します。

太陽星座が教えてくれるのは、いわば「なりたい自分」です。

自分が周りからどのように見られたいのか、社会的にどう振る舞うかを示すものです。

自分の内面や、本来の性格を知りたいときはご自身の月星座を見るといいと思います。

(新月の近くで生まれた方以外は、太陽星座とは別の星座になります)

詳しい性格については、月星座のカテゴリーをご覧ください。

月星座が蟹座の方は↓のリンクを参考にしてみてください。

関連記事

蟹座の月占星術における「月」は、水のエレメントである蟹座と深いつながりがあります。「月」は蟹座にいることで感情や共感、直観といった「月」本来の性質が活性化されます。 感情について月が蟹座にある人は、非常[…]