【アスペクトを知る】太陽と火星からわかる性格は?

目次

太陽と火星のアスペクト

自己を表す「太陽」と情熱を表す「火星」のアスペクトです。

どのメジャーアスペクトであっても、とてもエネルギッシュな人です。

行動力があり、周囲への影響力も強いでしょう。

 

 太陽と火星 0度(コンジャンクション)

2つの天体がホロスコープ上でぴったり重なる状態をコンジャンクション(合)と呼びます。

自己を表す「太陽」に「火星」のエネルギーが加わり、強い意志が生まれます。

自信に溢れていて、存在感のある人です。

率先して行動できるので、仕事でのリーダーシップを発揮できるでしょう。

アスペクトが10ハウスにあればさらにその要素が高まり、経営者や政治家などに適性があります。

また、勇気と競争心を兼ね備えているので、スポーツ選手に向いているアスペクトともいわれています。

人間関係では、やや我を押し通しがちで、なおかつ短気な面もあります。

意見が否定されると、それを自分への攻撃と捉えてしまう傾向があるので、違った意見や、アドバイスを素直に聞くことが大切です。

太陽と火星の度数が近すぎると「コンバスト」といって、太陽の力が強すぎて、火星が本来の力を発揮できなくなると考えられています。

そうなると、このアスペクト本来のエネルギーが失われ、一時的に性格が消極的になることもあるようです。

それでも、時間と共に解決することなので、大人になるにつれて本来の自信を取り戻すでしょう。

 

 太陽と火星 120度(トライン)

自己を表す「太陽」と情熱の星「火星」が調和の取れた関係にあります。

この2つの天体の組み合わせは、とてもエネルギッシュです。

太陽と火星のトラインの人は、自分自身への揺るぎない自信を持っています。

カリスマ的な魅力があるので、周囲からの人気も高いでしょう。

自らをうまく表現できるので、俳優や歌手のように人前に出る仕事にも適性があります。

組織で働くのならば、リーダーシップのある良い上司になるでしょう。

問題があっても一人で解決しようとせず、素直に周りの助けを求められる人です。

みんなで解決することによって、経験やスキルをシェアしようとします。

また運動神経が抜群で、スポーツが好きな人も多いでしょう。

フェアプレイを好み、相手にもルールを守ってくれる事を望みます。

ただし、運動にしても仕事にしてもやり過ぎるところがあるので、意識的に休むようにしましょう。

 

 太陽と火星 90度(スクエア)

天体同士が90度の角度に位置すると、緊張感のある関係になります。

太陽と火星のアスペクトの場合、自己(太陽)が火星の攻撃性に刺激されるという意味に取れます。

火星のエネルギーをコントロールすることが難しいので、特に幼い頃は、我を押し通す、やや喧嘩っ早い性格になりがちです。

怖い物知らずなところがあるので、言い争いになっても自分からは引きませんし、つい神経を逆なでするような態度を取ってしまうかもしれません。

それでも、大人になるにつれて、感情の起伏は落ち着いていくでしょう。

じっとしていられない性格で、いつも何かしていないと落ち着きません。

できるだけ夢中になれることをみつけて、火星のエネルギーを発散させることが大切です。

スポーツや仕事など、自分にピタッとはまることが見つかれば、周りが驚くような力を出せるでしょう。

健全な自信を持つためにも、「競争して勝つ」といった経験はこのアスペクトの人に必要です。

自分を責めてしまうくせがあるので、なるべく自分の良いところに目を向けるようにしましょう。

 

 太陽と火星 180度(オポジション)

太陽と火星が180度で向き合うように位置する、とてもエネルギッシュなアスペクトです。

オポジションは外に働きかけるアスペクトなので、火星による「挑戦心」と「競争心」が外へ発信されます。

勝ち負けのこだわりが強く、アスリート向きのアスペクトでもあります。

チームワークはどちらかといえば苦手なので、ひとりで責任を持てる仕事が向いています。

目標意識がはっきりしているので、情熱的に仕事を成しとげるでしょう。

果敢に攻める性格から、リスクを取り過ぎるところがあるのでその点は要注意です。

このアスペクトを持つ人は、強力な火星のエネルギーを使いこなす必要があります。

若いときは、そのせいで言い争いやもめ事に巻き込まれやすいでしょう。

周囲の感情に気を配ることが出来れば、自らの心の平穏にもつながります。

チャレンジ精神が旺盛なので、新しいことにどんどん挑戦して火星のエネルギーを使っていくことも有効です。

これと決めたことに対して、驚くような力が発揮できるアスペクトでしょう。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次