アセンダントが「蟹座」にある人の性格は?

アセンダント蟹座

アセンダント(ASC)は、「外なる自分」をあらわすといわれています。

あなたが外の世界とどう関わり、どのように自分自身を表現していくのか、アセンダントの星座から知ることができるでしょう。

それは、他の人からみたあなたの「第一印象」にもつながります。

 

ASC蟹座の性格について

蟹座は「繊細」で「創造的」な星座です。

アセンダント蟹座の人は、その繊細さゆえに外からの影響にとても敏感です。

始めて訪れる場所では、人よりも緊張するかもしれません。

特に、初対面の人には警戒心をもちやすく、心を許すまでに時間がかかるでしょう。

親しい人といるときでも、相手の心を読んだり、困っていないか気にかけたり、共感性を発揮します。

外から刺激を受けやすいので、感情の起伏が激しくなる時もあるでしょう。

それだけ多くのものを感じ取っているということです。

繊細すぎて疲れてしまうこともあるかもしれませんが、その分独自のセンサーで物事を見極めることができます。

特に、「第六感」や「直感」が冴えわたり、あらゆる場面で正しい判断ができるでしょう。

(出生図の太陽や月など)星のエネルギーを受け入れ、それらを自分らしく表現していくうえでも、アセンダント蟹座の「直感力」や「創造性」は大きな助けとなります。

安心できる場所を増やし、心安まる人といることで、創造力豊かな才能を自由に発揮できるでしょう。

 

周囲からみた印象

初対面の人に殻をつくりやすいので、最初はよそよそしい態度をとりがちです。

しかし慣れていくうちに、内側に隠された、親しみやすい側面がでてきます。

周囲の人はすぐに、あなたが相手の立場に立って考えることのできる、優しい人だと気がつくでしょう。

普段からよく気を配り、ひとりひとりを大事にします。

性別に関係なく、どこかお母さんのような安心感がただようでしょう。

外見は、満月のように丸みのある顔や、丸く大きな目など、ふっくらしたパーツが特徴です。

どこか幼さが残る、愛らしい顔立ちをしているでしょう。

また、なかには三日月のように、彫りが深い顔立ちをしている人もいます。

親しい人には、泣いたり笑ったり、あふれでる感情をたくさんみせるでしょう。

想像力が豊かな分、感傷的になりやすい傾向もあります。

友人や家族の存在は、さまざまな場面で心の支えとなるでしょう。

 

ASC蟹座を使うためのヒント

アセンダント蟹座の人は、「直感」と「感情」を通してたくさんのことを受け取っています。

なかでも、他の人を思いやる気持ちは、星座のなかでも群を抜いています。

不安そうな人や落ち込んでいる人によく気がつくでしょう。

相手の気持ちに共感し、その痛みを同じように感じることができます。

実際に人を助ける仕事に就いたり、ヒーリングの分野に興味をもったりするかもしれません。

または、苦しんでいる人たちのために、芸術を通して癒やしを与えることもあるでしょう。

たくさんの人に癒やしを与える存在です。

とても優しい人なだけに、人と関わるときには「適度な距離感」を意識したいところです。

みんなが抱えている問題がよくわかるからこそ、それらを解決してあげたいと思うでしょう。

しかし、人の問題まで抱え込むと、今度は自分の心のエネルギーが枯渇してしまいます。

時には、その人が自分の力で乗り越えられると信じて、できる範囲で自分の時間も確保しましょう。

ひとりで過ごしたり、お気に入りの場所にいったりすることで、心を充電できそうです。