自由な精神!太陽が「射手座」にある人の性格は?

目次

射手座の太陽

射手座は、夢を追い求める自由な精神をあらわす星座です。

射手座生まれの人は、いつまでも若々しく挑戦を続けます。

人生を楽しむ方法をたくさんの人に教えてあげることができるでしょう。

 

射手座の性格

占星術で「木星」は、大いなる恩恵をもたらす天体として知られています。

その木星から、最大限の恩恵を受けているのが射手座です。

射手座生まれの人は、どんな時も運が味方し、困難も楽しく乗り越える力が備わっています。

木星は拡大していく天体ですから、射手座生まれの人も自身の成長をなによりも重視するでしょう。

新しい経験を通して、自分の視野をさらに広げようとします。

それなので、「旅」は射手座の人にとって重要な意味を持つでしょう。

今まで行ったことのない場所へ行き、未知の世界を体験することで、自分がより自由になるのを感じるはずです。

もともと好奇心旺盛な性格なので、成長するためならどこへでも行ってみる勇気があるでしょう。

また、やりたいことをみつけたら果敢に挑戦するタイプです。

何事もない平凡な日々が続くと、むしろそわそわしてしまうかもしれません。

冒険家の精神を持ち、いつも自分を変えてくれるような新しい経験を探しています。

チャレンジに挑むときほど、木星の運が味方します。

その行動力によって、思いがけないチャンスをつかめるでしょう。

 

射手座の魅力

射手座の人は、周囲をぱっと明るくするポジティブなエネルギーにあふれています。

いつも機嫌よく、人を笑わせるのが好きな人が多いでしょう。

また、困っている人がいればそっと手を差し伸べる、優しい人でもあります。

旅をしたり、挑戦したり、ある程度外の世界を知ると、次の段階として精神的な視野を広げることにシフトしていく様子がみられます。

大人になってからも勉強を続ける射手座の人はとても多いのです。

専門的な勉強に専念したり、哲学や文化など、ひとつのテーマを追求したいと思うことがあるでしょう。

自分にとって何が正しくて、人生の意味とは何なのかなど、射手座生まれの人は普段から多くの疑問を抱えています。

それらの疑問を解決すべく、旅や読書を通して自分だけの答えを探求するでしょう。

そのようにして得た知識を、人に教えることも楽しみます。

射手座生まれの人はとてもオープンな性格なので、自身が学んだことをみんなにも知ってもらいたいと思っています。

 

射手座・向いている仕事

射手座生まれの人は、その外交的な性格からチームで働くことを得意とします。

柔軟性があり、職場でも積極的にコミュニケーションを取るでしょう。

ゆくゆくは知識を兼ね備えた、頼りがいのあるリーダーとなりそうです。

その一方で、自立心も強い性格なので、独立しても十分に活躍できるでしょう。

フリーランスとして働いたり、新事業を立ちあげたり、力強く働けるはずです。

同じ仕事が続くと飽きてしまう傾向があるので、適度に変化のある職場だとより集中できるでしょう。

 

そして射手座生まれの人は、学ぶのと同じぐらい、教えることが好きです。

教育に携わったり、専門分野を教えたりする機会があれば、情熱を持って取り組むでしょう。

また、前にも述べたように、旅への関心から、旅行関係の仕事に就いたり、海外で働いたりするのも面白そうです。

翻訳や通訳の仕事も、射手座生まれの人にとって理想的な職業です。

 

自分の選んだ仕事にはプロ意識を持ち、自ら積極的に行動します。

火のエネルギーが強い人ですから、体の限界以上に働いてしまうかもしれません。

そんな時は、十分な休息を取ったり、リラックスを目的とした旅行にでかけましょう。

射手座生まれの人は、たくさんの夢を叶えてきましたし、これからも叶えていく人です。

時々ペースを緩めながら、着実に前に進んでいきましょう。

 

太陽星座と月星座について

太陽星座は、私たちが人生でどんな可能性をもっているかを教えてくれます。

社会で発揮できる能力や、表現方法など、「こうなりたい」という自分の姿をあらわします。

自分の内面や、本来の性格を知りたいときはご自身の月星座を見るといいと思います。

(新月の近くで生まれた方以外は、太陽星座とは別の星座になります)

詳しい性格については、月星座のカテゴリーをご覧ください。

月星座が射手座の方は↓のリンクを参考にしてみてください。

あわせて読みたい
自由を求める!月が「射手座」にある人の性格は? 【】 射手座は、火のエレメントを持つ非常にエネルギッシュな星座です。 この星座は行動力的で、この世界で知ることのできるすべてを吸収しようとする性質があります。 ...

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次